◆10月5日 『健康食品』の 悪質な電話勧誘にご用心!! (経産省)
 http://www.hkd.meti.go.jp/hokih/20181005_2/index.htm
経済産業省北海道経済産業局から、「健康食品」の悪質な電話勧誘販売について、消費者へ向けて注意喚起を行い、チラシを公表。

高齢者の健康への関心や不安につけこむ悪質な電話勧誘が多数発生しています。根拠のない効能を告げられる、しつこく勧誘されるなど、本当は購入したくない高額な健康食品を購入させられる被害が跡を絶ちません。不要な健康食品の勧誘電話に対しては、はっきりと「要りません。」と断り、電話を切りましょう。
同日に出された、健康食品の電話勧誘販売業者エールジャパン(株)に対する行政処分に関連して、注意喚起が行われたとみられます。
 ・http://suppli-torisetsu.jp/news/20181009095239-995
 ・http://www.hkd.meti.go.jp/hokih/20181005/index.htm

◆10月12日 輸入食品(チアシード)に対する検査命令(厚労省)
 https://www.mhlw.go.jp/stf/houdou/0000210484_00012.html

厚労省から、株式会社ファインに対して、輸入する「生鮮チアシード」アルゼンチン産チアシードについて、食品衛生法第26条第3項に基づく検査命令(輸入届出ごとの全ロットに対する検査の義務づけ)を実施することを命令した。これは、輸入時の自主検査の結果、アルゼンチン産生鮮チアシードからアフラトキシンを検出したため。
  検査結果:アフラトキシン 24 μg/kg検出 (基準:付着してはならない)
チアシードはダイエット食材として人気があることから、患者さん・お客さんの中にも使っている方がいる可能性があります。