『都民の健康と医療に関する実態と意識』の結果の公表(東京都:11月10日)

 東京都から、東京都内に居住する6,000世帯及び調査基準日現在満20歳以上の世帯員を対象に令和元年10月16日から同年11月15日まで実施された『都民の健康と医療に関する実態と意識』調査結果が公表されました。

・健康食品の使用実態と使用のきっかけ
 これまでに健康食品を使用したことがあるか聞いたところ、「毎日、使用している」割合が16.6%、「時々、使用している」が23.3%、「以前は使用していたが、現在は使用していない」が19.2%となっており、これらを合わせた健康食品を使用した人の割合は59.0%となっている。
 また、この健康食品を使用した人(3,322人)に、使用するきっかけは何か聞いたところ、「不足している栄養を補いたいと思ったため」の割合が22.6%、「健康の維持が必要と考えたため」が22.3%となっている。

・健康食品の使用による体の不調の有無とその症状[複数回答]、医療機関の受診の有無
 健康食品を使用した人(3,322人)に、健康食品の使用によって体の不調を感じたことがあるか聞いたところ、「体の不調を感じたことがある」の割合が4.1%、「体の不調を感じたことはない」が90.9%となっている。
 体の不調を感じたことがある人(135人)に、その症状を聞いたところ、「下痢・腹痛」の割合が27.4%、「発赤・発疹・体のかゆみ」が25.9%となっている。さらに、その症状で医療機関を受診したか聞いたところ、「受診した」割合は28.1%となっている。

 →東京都>都政情報>報道発表>これまでの報道発表>報道発表/令和2年(2020年)>11月>
   https://www.metro.tokyo.lg.jp/tosei/hodohappyo/press/2020/11/10/03.html