◆行政の動き

〇特定保健用食品広告審査会(第10回)審査結果の公表(日健栄協:10月1日)

 日本健康栄養食品協会から、2019年7月8日に開催された第10回の審査会の結果が公表されている。審査結果は、「A」判定1件、「B」判定4件、「C」判定2件となった。
 「A」判定については、疾病名や医師・専門家の推奨となる広告表現は許可表示の範囲を超えており、疾病の治療や予防ができるかのような誤認を与える広告が自主基準に著しく抵触していると判定された。
 「B」判定については、当該製品を摂取するだけで美容効果があるような表現が消費者に誤認を与えるおそれがある広告や、広告に表示が必要な3項目(特定保健用食品である旨、食生活のバランス文言、許可表示文言)の記載がない広告が自主基準に抵触していると判定された。

 →日本健康・栄養食品協会>新着情報
   http://www.jhnfa.org/news-0191.html