◆国立健康栄養研究所HPより
 ※.外国のバイアグラ関係成分含有のサプリメントの注意喚起は除きます。

○カナダ保健省が、シアン中毒を生じるおそれがある製品の自主回収情報を公表(6月4日)

■注意喚起および勧告内容
 2019年6月1日、カナダ保健省 (Health Canada) がシアン中毒を生じるおそれがあるビターアプリコット製品2製品の自主回収情報を公表。
 Apricot Power Bitter Raw Apricot Seeds
 Apricot Power Apricot Seed Meal
■解説
 ビターアプリコットの種子には、体内でシアン化物を産生するアミグダリンなどが含まれているため、多量に摂取することでシアン中毒を生じるおそれがある。当該製品には摂取量に関する注意喚起が適切に記載されておらず、多量摂取につながる可能性があるため、業者 (Ecoideas Innovations Inc.) による自主回収が実施されている。現在のところ、当該製品との関連が疑われる健康被害については報告されていない。

 → 国立健康・栄養研究所>「健康食品」の安全性・有効性情報>カナダ保健省がシアン中毒を生じるおそれがある製品の自主回収情報を公表 (190604)
 https://hfnet.nibiohn.go.jp/contents/detail3974.html

○シンガポールHSAが医薬品成分 (シブトラミンなど) を含む製品に注意喚起(6月4日)

■注意喚起および勧告内容
 2019年6月3日、シンガポールHSA (Health Science Authority) が医薬品成分 (シブトラミンなど) を含む4製品に注意喚起。当該製品との因果関係が疑われる健康被害が報告されている。

 製品名(検出された医薬品成分):
     因果関係が疑われる健康被害
  ========================
 ・BB Body(シブトラミン):
 50代女性が、インターネットを介してマレーシアに拠点を置く業者から購入した「BB Body」を約3ヶ月間摂取したところ、心室頻拍を生じて失神し、重篤な心不全となった。現在も植え込み型除細動器による長期治療を受けている。

・Bello Smaze(シブトラミン):
 20代女性が、痩身のために「Bello Smaze」を4日間摂取したところ、動悸、不眠、自殺願望を生じた。また、女性に当該製品を勧めた友人も動悸と不眠を経験した。

・Choco Fit(シブトラミン):
 30代女性が、「Choco Fit」を2日間摂取したところ、動悸を生じた。

・Seahorse Chop Du Zhong Ba Ji Wan (デキサメタゾン、クロルフェニラミン、フロセミド):
 40代男性が、マレーシアで購入した「Seahorse Chop Du Zhong Ba Ji Wan」を関節炎のために2ヶ月間以上摂取したところ、クッシング症候群を生じた。

 → 国立健康・栄養研究所>「健康食品」の安全性・有効性情報>シンガポールHSAが医薬品成分 (シブトラミンなど) を含む製品に注意喚起 (190604)
  https://hfnet.nibiohn.go.jp/contents/detail3975.html

 

 (「健康食品素材情報」に新しく収載された安全情報から)
 ○「グレープフルーツ」安全性:医薬品等との相互作用
 てんかんの病歴がある23歳男性 (日本) が、グレープフルーツジュース 1 Lとカルバマゼピン (抗てんかん薬) 10 gを同時に摂取したところ、血中カルバマゼピン濃度の上昇、意識レベルの低下を生じた。カルバマゼピンの過剰摂取およびグレープフルーツジュースの併用が原因と診断され、加療により改善した。

 → 国立健康・栄養研究所>健康食品」の安全性・有効性情報>2019年6月更新の素材情報データベース(更新中!)>「グレープフルーツ」安全性:医薬品等との相互作用 (190604)
  https://hfnet.nibiohn.go.jp/notes/detail.php?no=1959