○株式会社ヘルスライフにおけるハーブティーの不適正表示に対する措置について (農林水産省、平成31年1月29日)

農林水産省は、株式会社ヘルスライフ(京都市上京区)が、輸入された原料茶葉を小分け包装したハーブティー3商品に原産国名を表示せず販売していたことを確認しました。
このため、1月29日、ヘルスライフに対し、食品表示法に基づき、表示の是正と併せて、原因の究明・分析の徹底、再発防止策の実施等について指示を行いました。

・不適正表示の内容

商品名 不適正表示の内容 違反条項 販売期間 販売数量
ローズヒップティー クラッシュ(粉末)タイプ        原産国名「チリ」の不表示 食品表示基準
第3条第2項の表の「原産国名」の項
少なくとも
平成26年1月1日~平成30年5月30日
1,301袋
ローズヒップ (バラの実) 原産国名「チリ」の不表示 537袋
カモミール (カミツレ) 原産国名「エジプト」の不表示 796袋

農林水産省>報道発表資料・http://www.maff.go.jp/j/press/syouan/kansa/190129.html

 

○インターネットにおける健康食品等の虚偽・誇大表示に対する要請について(平成 30 年 10 月~12 月) (消費者庁、平成31年2月1日)

消費者庁では、平成 30年10 月から12月までの期間、インターネットにおける健康食品等の虚偽・誇大表示の監視を実施しました。この結果、インターネットにおいて健康食品等を販売している78事業者による83商品の表示について、健康増進法に違反するおそれのある文言等があったことから、これらの事業者に対し、表示の改善を要請するとともに、当該事業者がショッピングモールに出店している場合には、出店するショッピングモール運営事業者に対しても、表示の適正化について協力を要請しました。

参考)平成 30 年 10 月から 12 月までの期間に表示されていた健康保持増進効果等につい て(一部)

商品区分 表示されていた健康保持増進効果等
生鮮食品 (農産物)
【1商品】
・がんの予防に効果を有すること等を標ぼうする表示
加工食品 (農産加工品、畜産 加工品、水産加工品 等)
【21 商品】
・動脈硬化・生活習慣病・喉の炎症・風邪の予防、便秘 解消に効果を有すること等を標ぼうする表示
飲料等 (茶、コーヒー及び ココア調製品、飲 料、酒類)
【16 商品】
・疲労回復、眼精疲労・冷え性・乾燥肌の緩和、アレル ギー・花粉症の予防に効果を有すること等を標ぼうする 表示
いわゆる健康食品 (カプセル、錠剤、 顆粒状等)
【45 商品】
・免疫力・肝機能の向上、二日酔い・花粉症・成人病・ 生活習慣病・高血圧・風邪・インフルエンザの予防に効 果を有すること等を標ぼうする表示 ・女性ホルモンの活性化に働きかけ、美白美肌、エイジ ングケア、ダイエット、冷え性に効果を有すること等を 標ぼうする表示

消費者庁>報道発表資料:
https://www.caa.go.jp/policies/policy/representation/extravagant_advertisement/pdf/extravagant_advertisement_190201_0001.pdf