◆10月25日 株式会社言歩木(ことほぎ)に対する景品表示法に基づく措置命令及び課徴金納付命令
 消費者庁は、10月25日、株式会社言歩木に対し、同社が供給する「 山野草醗酵酵素ブルーベリーDX」と称する飲料に係る表示について、景品表示法に違反する行為が認められたことから、措置命令及び課徴金納付命令を行いました。

表示媒体:日刊新聞紙に掲載した広告
表示期間:平成28年5月24日、同年9月23日、同年12月21日及び平成29 年5月24日
課徴金対象期間: 平成28年5月24日から平成29年11月1日までの間
課徴金の額:1814万円 (売上約6億円)

 あたかも、本件商品を摂取するだけで、本件商品に含まれる酵素の働きにより、視力の回復効果及び「かすみ」、「ぼやけ」といった目の症状の改善効果が得られるかのように示す表示をしていた。
  http://www.caa.go.jp/policies/policy/representation/fair_labeling/pdf/fair_labeling_181025_0001.pdf

 ・編集部注:酵素ドリンクに対する措置命令と課徴金納付命令です。最後の新聞広告から、160日後までも課徴金対象期間とされているので、当局は、広告の効力が5か月アリと見たのかもしれません。

◆10月26日 株式会社Life Leafに対する景品表示法に基づく課徴金納付命令
 消費者庁は、10月26日、株式会社Life Leafに対し、同社が供給する「ファティーボ」と称する食品に係る表示について、景品表示法第8条第1項の規定に基づき、課徴金納付命令を行いました。

課徴金対象行為商品:「ファティーボ」と称する食品
表示媒体:自社ウェブサイト及び商品同梱チラシ
違反内容:あたかも、本件商品を摂取することにより、容易に肥満効果が得られるかのように示す表示をしていた。
課徴金対象期間:平成29年4月3日から平成30年7月19日
課徴金の額:266万円 (売上8800万円)
  http://www.caa.go.jp/policies/policy/representation/fair_labeling/pdf/fair_labeling_181026_0001.pdf

 ・編集部注:7月25日に優良誤認の措置命令が出された「太るサプリ」に対する課徴金納付命令です。

◆10月17日 子供による医薬品の誤飲に注意しましょう! リーフレット公表 (東京都) 
 子供による医薬品の誤飲事故が多く発生しています。国がまとめている「家庭用品等に係る健康被害病院モニター報告」や過去の東京都の調査でも、子供の誤飲対象として、医薬品が上位となっています。医薬品を誤飲すると、入院するような重篤な健康被害を生じるおそれがあります。子供がいるご家庭内では、以下のことに気を付けましょう。
■最近の事故事例
・棚に置いてあった大人の薬を子供(1~4歳)が踏み台に上って取った。口の中に薬が入っているのを保護者が発見し、残薬から20錠以上誤飲したと推定され、入院となった。 (平成28年)
・机の上に置いてあった大人の薬を、子供(1~4歳)がお菓子と思って7錠誤飲し、入院となった。(平成27年)
・保護者が入浴中、カバンの中のポーチから大人の薬を取り出し、最大20錠程度誤飲して、入院となった。(1~4歳)(平成 27 年)
  https://www.shouhiseikatu.metro.tokyo.jp/attention/documents/medication_danger.pdf