◆行政公表資料より

今週は、特にありません

 

◆大学・研究機関等公表資料より

漢方データベース KampoDB の開発 (富山大学)
https://www.u-toyama.ac.jp/outline/publicity/pdf/2018/20180806a.pdf

・漢方薬、その構成生薬及び成分化合物と標的タンパク質の階層的関係から、漢方薬の作用機序を考察できるアルゴリズム/データベース KampoDBを開発した。
・in silico結合シミュレーションや機械学習の手法を用いて、生命科学のビッグデータを活用した解析により、漢方薬の新しい効能を予測する「漢方薬リポジショニング」を可能にした。
・経験知に基づく従来の漢方薬治療に、科学知に基づく新しい治療コンセプトを提示することにより、医療現場での漢方薬の有効利用の促進が期待できる。