人の腸の中にはおよそ300種類、1000兆個もの腸内細菌がおり、その重さは1〜2kgにもなるといわれていますが、一番多いのはビフィズス菌で、その量はもうひとつの乳酸菌である乳酸桿(かん)菌の倍以上もあり、腸内細菌の約2割を占めています。

腸内の細菌バランスを腸内フローラとよび、このバランスが脳も含めた全身の健康に大きく影響します。善玉菌の大半を占めるビフィズス菌は加齢によって減少していき、かわりに悪玉菌や乳酸桿菌が増えていきます。腸内フローラを整えるためには2割いるビフィズス菌の減少を防いで、他の菌とのバランスを保つことが重要です。そのためにはヨーグルトなどで乳酸菌を摂取するか、オリゴ糖などビフィズス菌のエネルギー源を供給することです。前者はプロバイオティクス、後者はプレバイオティクスとよばれます。生きた乳酸菌を摂取しても、腸の中に定着することはなく、ヨーグルトの摂取をやめるともとに戻ってしまうため、プレバイオティクスのほうがより効率的であるといわれています。

ここに注意!

乳酸菌はヨーグルトの雑菌を排除しますが、ときに雑菌が繁殖しておなかをこわすことがありますので自家製ヨーグルトの保存には注意してください。免疫機能が低下しているときは、乳酸菌でも中毒を起こすことがありますので注意してください。

「本当に効く」レベル

・レベルB/下痢、カンジダ症の予防、乳糖不耐症、胃潰瘍、高LDLコレステロール血症
・レベルC/気管支ぜんそく

より根拠を要するレベル

・細菌性膣炎、尿路感染症、大腸がん予防