プーアール茶は茶葉を麹菌などの微生物によって長期発酵させたお茶で、中国茶の中でも黒茶とよばれるグループに含まれます。微生物による発酵の過程で脂肪消化酵素のリパーゼが生成されるので、食事と一緒に摂ると脂肪の吸収が抑えられるといわれています。

プーアール茶には、普通のお茶よりもスタチンと没食子(もっしょくし)酸が多く含まれるといわれています。スタチンとは普通のお茶にはあまり含まれていない成分で、コレステロール合成を抑えて、血液中に放出されるコレステロールの量を減らします。

没食子酸はポリフェノールの一種で、カテキンの仲間です。強い抗酸化力を持ち、写真の現像などに還元剤として用いられ、食品などには酸化防止剤として使用されます。カテキンなどのポリフェノール類は食事中の脂肪吸収を抑える、あるいは肝臓での脂肪燃焼を促進するとしてトクホにも使用されています。

プーアール茶は脂肪の吸収やコレステロールの増加を防いで生活習慣病予防に役立つと考えられています。また、プーアール茶に含まれるカフェインにも脂肪燃焼効果がありますが、運動と組み合わせることでさらに効果は高まります。

ここに注意!

プーアール茶は長期熟成させたものほど高級ですが、保存状態が悪いと有毒なカビが付着する可能性があります。選ぶ際には品質に十分気をつけましょう。

「本当に効く」レベル

・レベルB/覚醒効果

より根拠を要するレベル

・脂質異常症