セロリのにおいが苦手という方も多いと思いますが、セロリにはポリフェノールや食物繊維、ビタミンなどの栄養以外に多くの香り成分が含まれています。特に香りの主成分であるアピインにはイライラを解消するはたらきがあるといわれています。

ピーマンやタマネギにも含まれるピラジンは血液を固まりにくくして血液の流れをよくします。LDLコレステロールの低下作用もあるのでセロリは血管の健康によい野菜といえます。セロリに含まれるモノテルペン類には鎮静作用のほかに強力な抗菌、抗ウイルス作用があります。抗炎症作用もあり、セロリがデトックス野菜とよばれるのもうなずけます。

 近年の研究により、テルペンには抗がん作用があることもわかってきました。香り成分を効率よく摂取するために、セロリの葉の部分を乾燥させてお茶のように煮だして飲むのもいいようです。海外では、セロリの種子が尿の量を増やして尿酸の排出を促し、痛風発作の予防になるとしてセロリ種子のサプリメントが人気です。

ここに注意!

セロリには子宮を刺激する作用があり、早産や流産につながる可能性があります。妊娠中、授乳中にはセロリの摂取を控えめにしましょう。現在腎臓病の人や過去に腎臓病を患ったことのある人はセロリを摂取してはいけません。

セロリの摂取によって皮膚が紫外線に対して過敏になることがあります。同様の作用をもつ抗生物質などの医薬品を使用しているときは注意が必要です。

「本当に効く」レベル

・レベルB/月経痛

より根拠を要するレベル

・筋肉痛、関節痛、通風、神経痛、頭痛、食欲不振、むくみ、おなかの調子を整える