ブラジルの奥地アマゾンに自生するヤシ科の植物で、原産地のブラジルでは実をすりつぶしたペースト状のものを料理に使用します。ハワイではアサイーのスムージーにシリアルやフルーツをトッピングしたアサイーボウルが朝食代わりに食べられており、そのヘルシーさから日本でも人気をよんでいます。

アサイーの果実はブルーベリーによく似ていますが、その色はより濃い紫で遠目には黒く見えるほどです。この濃い紫色はポリフェノールに由来するもので、美白効果があるといわれるエラグ酸やフェルラ酸、緑茶に含まれるカテキンや赤ワインのアントシアニン、酸化防止剤として使用される没食子酸(もっしょくし)などのポリフェノール類が豊富に含まれており、その量はほかのベリー類より多いといわれています。ポリフェノールのほかにも鉄分やカルシウムを多く含んでいます。

アサイーはその強力な抗酸化力によりメタボリックシンドロームの改善や抗炎症作用、抗がん作用があるとする報告もあります。

ここに注意!

アサイーの安全性について十分に調べられた実績はありませんが、通常の食品として摂取する量ならばおそらく安全であろうと思われます。ただし、アサイーの濃縮ジュースを常用していた妊婦の胎児の心臓に異常が認められたとするアメリカの症例があります。安全のために妊娠中、授乳中の摂取は避けるべきでしょう。
また、アサイーはある種の酵素のはたらきを阻害するため、高血圧、むくみ、胃腸障害、アスピリンなどを服用している人もアサイーの摂取は避けてください。

より根拠を要するレベル

・関節炎、脂質異常症